TOP > イベント > CES2020特集 > 静電チャックで手軽に脱着「クリエイティブテクノロジーLAB」

イベント(CES2020特集)

静電チャックで手軽に脱着「クリエイティブテクノロジーLAB」

2020.06.03

Information
CES 2020
2020.01.05〜2020.01.10

2020年1月7~10日、ラスベガスで「CES 2020」が開催されました。CES(シーイーエス)は、160以上の国や地域から4500以上の企業が集まり、17万5000人以上が来場する世界最大規模の家電・技術見本市です。来場者のほとんどは業界関係者やメディア関係者となっており、その場で商談や取材が行われることも珍しくありません。

近年、日本企業の進出も目立つようになっており、今年は「CES2020 JAPAN TECH」として、9社が出展しました。その中から、クリエイティブテクノロジーLAB(https://www.creative-technology.co.jp/)の脈拍センサー搭載の静電チャック「ESC BIO-SONAR」を展示していたブースの様子をお伝えします。

クリエイティブテクノロジーLABでは「ESC BIO-SONAR」を展示

 「ESC BIO-SONAR」は手首に巻いて、脈拍を計測するウェアラブルのセンサーデバイスです。Bluetoothを搭載し、結果をPCやスマホで確認できるのですが、同社の技術が活きているのはバンドの方です。クリエイティブテクノロジーは静電チャック(ESC)のパイオニアで、半導体やディスプレイを製造する際に利用されています。

ウェアラブルデバイスを腕などに巻き付けると、すぐに外せないという課題を解決するために、ESCの技術を利用したバンドを開発したそうです。バンドにはプラスとマイナスに電圧がかかっていて、重ねるとタイトに吸着します。マジックテープのように何かが引っかかっているわけではないので、取るときはすぐに外れます。このバンドに脈拍センサーを搭載したのが「ESC BIO-SONAR」です。

実際に装着してみましたが、不思議な感触でした。べたつくわけでも、びりつくわけでもないのに、しっとりとくっつきます。そして、剥がすのにも力がいりませんでした。確かに、腕に巻くタイプのウェアラブルデバイスには向いていると感じました。

薄い静電バンドに脈拍センサーを搭載した「ESC BIO-SONAR」

2「血圧計や犬の首輪にも使えます。バンドを長くしておけば、後は巻くだけなので、きつさの調整が楽です。センサーを作っているメーカーさんがウェアラブルのバンドに困っているということで、このバンドに興味を持たれていました」と代表の辰巳良昭氏。

株式会社クリエイティブテクノロジー代表 辰己良昭氏

2来場者の評判は上々だったそうです。もちろん、搭載するセンサーを変えれば他の用途にも使えます。同社はCESの別の場所にも出展しており、そちらでは静電気を使った空気清浄機などを展示していました。なんとドローンタイプの空気清浄機も開発しているそうです。「ESC BIO-SONAR」は新規事業なので、JAPAN TECHにブースを出したということでした。

この記事をシェアする